悪質な勧誘をされないために

悪質な勧誘に巻き込まれないために

 

エステサロンのホームページやフリーペーパーなどで、エステの割引クーポンなどが手軽に手に入れられるようになりました。
そのクーポンなどがきっかけとなって気軽にエステサロンに行くと、思わぬ強引な勧誘をされるという話を聞くことがあります。数多くのエステサロンの中には、悪質な方法で契約を取り付けているサロンも存在するので注意が必要です。
ほんの部分的な脱毛をするつもりが、全身を脱毛する高額なプランを強引に勧められたり、脱毛以外でも痩身エステなどを1回だけ試すつもりが、施術中や術後の休憩時間などにぐいぐいと勧誘されて、断れないタイプの人は高額なプランを契約させられてしまうというケースは実際にあるのです。契約を拒否するとスタッフの態度が急に冷やかになったり、後で会社にまで電話をかけたり押し掛けたりという例に発展することもあります。

 

「悪質商法」とも言える手口には、次のような手法があります。「エステ」や「脱毛」といったキーワードを出さずに街頭でアンケートと称して道行く人をつかまえ、それをきっかけとして高額なエステプランを売り込んでくるのです。
最初のうまい話で心をつかまれると、いつのまにか全身脱毛などの契約をさせられている…といった具合です。今もこの手口は存在しているので、もともと脱毛に興味があると知られると、一気につけこまれる可能性があるので注意しましょう。

 

勧誘に弱いと自覚のある人は、あらかじめ勧誘の可能性のないサロンを見極めることが大事です。勧誘がないエステサロンでは、ホームページなどにその旨を明記しています。
そしてサロンに行く際に大事なことは、不必要な勧誘には毅然とした態度でノーと言う心づもりをしておくことです。