結局脱毛ってどのくらい痛いの?

【やっぱり脱毛って痛いの?】

 

脱毛には興味があるけど、痛いらしいから自分には無理。そう思っている人もいるかもしれませんが実際、全く無痛だとは言い切れません。
痛みは感じ方が主観的で個人差も大きいため、あくまで参考ですが、レーザーによる脱毛の施術をされる感覚は「輪ゴムをはじかれた」と表現されることが多いようです。
個人差の他にも、施術される部位によっても違ってきます。むだ毛の量や毛の太さなどによっても感じ方は異なり、太くて立派な毛がたくさん生えるような部位ほど痛みを感じる傾向があります。

 

脱毛は痛いというイメージが定着しているのには理由があります。レーザーが一般的になる前は、ニードル脱毛が主流でした。毛穴に針を刺し、電流を通すことで脱毛する方法は、効果はありますが相当な痛みに耐える必要がありました。痛みに耐えかねて途中であきらめてしまう事例も少なからずあったほどです。
現在はあえてこの方法を選ぶ必要はなく、痛みもニードルよりずっと軽く肌へのダメージが少ないレーザーでの脱毛が主流となっています。

 

万が一、施術中に痛みが耐えられないと感じても我慢せずにスタッフにそう伝えましょう。レーザーの出力を弱めれば痛みは軽減されます。
また、脱毛をはじめて最初の何回かの施術では痛みを強く感じる傾向がありますが、脱毛の効果が表れて毛根の数が減ってくるにつれ、当初ほどの痛みを感じなくなってくるものです。

 

結局のところ、「痛み」の程度については実際経験してみないとわからないものです。でも、レーザー脱毛が痛くて途中でやめるという事例がほとんどないことから、大抵の人が乗り越えられる程度と思って良いでしょう。