脱毛施術当日は湯船に浸からない

【脱毛後、お風呂に入れないのはなぜ?】

 

エステで脱毛の施術を受けた当日は、湯船に使っての入浴を避けるのが一般的です。
その理由をよく理解していないと、うっかりお風呂に浸かってしまいたくなるので、その理由を知っておいた方が良いでしょう。

 

施術当日の肌の状態は、日焼け直後の肌のものとよく似ています。脱毛の施術で毛根にレーザーを照射された肌は敏感になっており、肌の内側には熱がこもった状態になっています。そのため、必要以上に体を温めてしまうと、肌がひりひりしたり赤みやかゆみがでてしまう可能性があるのです。
施術した部位が首から下の場合、湯船のお湯の中の雑菌が影響して炎症を起こす可能性もあります。実は私たちが思っている以上に、湯船のお湯には雑菌が繁殖しているのです。
以上の理由から、湯船に浸かってのお風呂は避けるべきと言われているのです。大抵のエステサロンでも同様の説明を受けることになるでしょう。

 

とはいえ、毎日のお風呂が日課となっていたら、1日以上も体を洗わずに過ごすなどということは考えられないという人もいるでしょう。夏場であればなおさらです。
その場合はシャワーだけで体を洗うことは問題ありませんが、ボディソープを使用したりこすり洗いをすることは避けましょう。

 

脱毛後の肌にまるで違和感がないからといって、ついお風呂に入ったりごしごしこすってしまうと、炎症を起こしてその後の施術に差し支えてしまう可能性もあります。十分に注意しましょう。