説得力は経験がものをいう

●エステティシャンの説明に説得力があるかどうか

 

エステで脱毛のプランを契約する際には、必ずカウンセリングと説明があります。ここで脱毛のしくみや施術の詳しい流れ、不安に思うことや疑問などを解消する機会があるのです。
このときに、自分の中にある質問・疑問はすべて解決しておくべきでしょう。また、この最初のカウンセリングの段階で納得のいく説明をもらうことができなければ、契約を保留にした方が良いかもしれません。

 

どんなにわかりやすい資料を見せても、プレゼンテーションをしても、スタッフ本人に脱毛の経験がなければ、お客さんは実感のこもらない説明と受け取ってしまいます。やはり、カウンセラーや担当者にはひととおり施術を経験をしたうえで、顧客に対応してほしいと願わずにいられません。

 

スタッフに脱毛の経験があるかどうかを判断する材料は、やはり見た目でしょう。
自分が身を以て体験をして美しくなったというスタッフであれば、説明に説得力がありますし自然と熱意も伝わってくるものです。カウンセリングを受ける側としても、経験者の話が一番ためになることをわかっていて、脱毛がうまくいった例を直接目のあたりにすることで安心して施術にのぞむことができます。

 

脱毛後、自分がどのような肌を手に入れることができるのかイメージができたら、脱毛プランの契約も気持ちよく進めることができるでしょう。そんなイメージを抱かせてもらえるような、エステサロンやエステティシャンと出会えることが理想です。
安心して脱毛をお願いできるエステなのか、とことんカウンセリングしてもらい、納得の上で脱毛プランを決定しましょう。